Cityroamの使い方

Cityroam logo

Cityroamの無線LAN基地局に接続するには、当ページに示すような 利用者アカウント(ID/パスワードまたはプロファイル)が必要です。 Cityroamでは、どの事業者から発行されたアカウントでも、 基本的にはどこでも利用できることを目指しています。 しかし、基地局を運用する通信事業者や、設置場所のオーナー様の希望により、 一部でサービスが限定されていることがあります。 そのため、事前に数種類のアカウントを取得しておくことをお奨めします。

参考: CityroamのSSID

eduroam (学術系利用者向け)

学術系国際無線LANローミング基盤「eduroam (エデュローム)」 に参加している大学・学校・研究所等の利用者は、 自機関で発行されたアカウントを用いて、Cityroamが利用できます。 国内のCityroamの基地局では、eduroam用のSSIDを併設することを 原則としています。 eduroam参加機関の利用者は、追加の設定などが不要で、 自機関にいる時と同様にシームレスにネットワーク利用が可能です。

※ eduroam未参加の機関の構成員が、 個人的にeduroamのアカウントを取得することはできません。

ANYROAM

米国のeduroam事業者が提供するアカウント発行サービスです。 ANYROAMを受け入れると表明した機関において、 eduroamのインフラの上でネットワーク接続が可能です。 ショートメッセージサービス (SMS)を利用した オンラインサインアップにより、 13歳以上なら誰でもアカウントを取得できます。

Windows 10, macOS, iOS, iPadOS, Android, Chrome OS等、 様々なOSに対応しています。 Androidでは、サインアップ中にCloudpathのアプリが必要になるので、 予めインストールしておくとよいでしょう。

Cityroamの基地局の多くで、ANYROAMのアカウントが使用できます。 米国では数十の大学が参加していますが、日本国内ではまだ参加機関がなく、 大学等のeduroam基地局でこのアカウントを使うことはできません。

Cityroamクラウド認証サービス (事業者向け)

Cityroamの参加事業者を対象とした、アカウント発行ウェブサービスです。 一般利用者への直接のアカウント配布は行っていません。

Cityroamを提供する一部の店舗・ホテルのカウンターなどで、 当サービスによるアカウント(プロファイル)が 一般利用者向けに配布されることになります。

GlobalReach Passpoint Signup & Provisioning Service (デモ用)

Passpointプロファイルを取得できるオンラインサインアップ(OSU)システムです。 登録者の紐付けがないため、多くのサイトでは利用できませんが、 Passpointシステムのデモを受け入れている場所などで利用可能です。

ISP, 無線LAN事業者

Cityroamに参加しているISPや無線LAN事業者が発行するアカウント(プロファイル) です。

現在、実証実験などを進めている段階のため、 一般利用者に案内できるアカウントはありません。

Cityroamでは、認証連携によりアカウントを提供できるISP, CATV会社, 各種ウェブサービス会社などの事業者を募集中です。

WBA OpenRoaming (トライアル中)

Cityroamの基地局の一部では、 WBA OpenRoaming のアカウントも利用できます。


CityroamのSSID

Cityroamの基地局では、基本的には以下のSSIDが吹かれています。 いずれかに、Passpoint (Hotspot 2.0)接続用の 設定が併設されていることがありますが、 利用の際に意識する必要はありません。 アカウントまたはプロファイルを一度端末に登録すれば、 多くの場合は自動接続されます。


Cityroamホームページ