OpenRoamingの使い方

OpenRoamingとは

OpenRoamingは、 Wireless Broadband Alliance (WBA)とその参加企業が共同開発した、 国際的な無線LANローミング基盤です。 OpenRoamingは、ひとつのアカウントが世界中で利用でき、 自動接続で利便性が高く、偽基地局や盗聴に対しても安全な 公衆無線LANなどを実現しようとするものです。

従来のフリーWi-Fiは、セキュリティ上の問題が多い上に、 サインアップが不要のものでは、不正利用時に 事業者まで責任が及ぶことがありました。 登録が必要なものは、行く先々で手続きが必要となり、 ログインの手間がかかる問題があります。 OpenRoamingは、これらの問題を解決できるものです。

Ciryroamは、Wireless Broadband Alliance (WBA) OpenRoaming の初期メンバーの一つです。 OpenRoamingに参加している世界中の事業者のプロファイルが、 Cityroamの多くの基地局で利用できます。

Cityroamが提供するOpenRoamingでは、以下のようなプロファイルが利用可能です。 OpenRoamingを利用するには、Passpointに対応した端末が必要です。

Googleアカウント, Galaxyアカウント

Android 11以降の一部のスマートフォンには、OpenRoamingのサインアップ機能があります。これを使うと、わずか数タップでOpenRoamingのプロファイルが生成され、OpenRoaming/Cityroamに接続できるようになります。

このサインアップ機能は、 OpenRoamingのサービスエリア内でのみ表示されます。 一度サインアップすると、以降は安全かつ自動的にOpenRoamingの基地局に接続されるようになります。

プライバシ保護機構があり、無線LANの提供事業者にアカウントが知られることはありません。

Cisco OpenRoaming app (Googleアカウント, Apple ID利用)

Android 10以降、iOS/iPadOS 13.2以降で利用できる、Cisco提供のアプリです。 このアプリでGoogleまたはApple IDの認証を行うことで、 OpenRoaming用のプロファイルが端末にインストールされます。

このアプリは、GoogleやAppleのアカウントで認証してはいるものの、 利用者の紐付けが間接(Cisco経由)となることから、 受け入れていないCityroamの事業者があるかもしれません。

GlobalReach Passpoint Signup & Provisioning Service (デモ用)

Passpointプロファイルを取得できるオンラインサインアップ(OSU)システムです。 登録者の紐付けがないため、多くのサイトでは利用できませんが、 Passpointシステムのデモを受け入れている場所などで利用可能です。

携帯電話のSIM認証

OpenRoamingに参加している携帯電話会社では、キャリアWi-Fiと同様に、 SIM認証でOpenRoamingが利用できます。

無線LAN事業者, ISPなど

OpenRoamingに参加している無線LAN事業者やISP、CATV会社などのアカウントが利用可能です。

WiFi4EUが参加したことから、将来的には、 欧州からの訪日客が日本でCityroamを利用可能になる、 また反対に、欧州への旅行者が現地の公衆無線LANを安全・シームレスに 利用できるようになる見込みです。